検索

撮影の舞台裏

先日、Numero Tokyoで小泉今日子さんの撮影をさせて頂きました。


洋服の雰囲気に合わせて、色々な小泉さんに変化しています。洋服が変わっていけば、当然ヘアスタイルやメイクアップも変わっていきますよね。それが、ファッションの仕事です。



ここでは、色々なバーリエーションのヘアを作っています。ハイポニーテールや編み込みや前髪ウィッグや全頭のブロンドウィッグなど。。



ウィッグを使う時などの注意点なども以前のブログに書きましたね!

注意が必要です!

▶︎ウィッグを扱う時のコツは、それぞれの材質を理解して使い分けること



Numero TokyoのYou Tubeにて、その時の撮影の舞台裏や進行などがご覧頂けます。

是非、お時間ある時にご覧ください!


TETSU




TETSU塾では撮影に特化したヘア講座として主に技術を中心に配信しております。


“hair TETSU”は、ヘアスタイリストという名の社会の中の一側面です。ヘアのみにフォーカスするのではなく“人が生きる”上での根本的な意味・役割など色々なことをお伝えできればと思っております。

仕事を続けていく中では、さまざまな壁にぶち当たる時があるでしょう。そんな時、ふと思い出して頂ければと思います。




◎TETSU ポートフォリオ▶︎▶︎


TETSU instagram▶︎▶︎


TETS塾instagram▶︎▶︎


Podcast▶︎▶︎


◎You Tube▶︎▶︎


最新記事

すべて表示

自分の美意識に気づくとは?

ヘアスタイルは、人の手によって造られます。 だからこそ、造った人それぞれの個性が現れさまざまなデザインがあります。 そこで「自分の美意識」が大切になってきます。 例えば、何かを見て自分の心が惹かれるもの かっこいいと思う かわいいと思う 美しいと思う など、、、は心からの信号だと私は思うんです。 対象となるものはなんでも良いのですが、ここではヘアを取り上げてみましょう。 まずヘアとは何でしょうか?

ヘアスタイリングをやる上で器用・不器用なんて関係ないんです

今日は、器用・武器用についてお話しします。 この仕事をしていると「やっぱりヘアさんは手先が器用なんですね」とか「ヘアさんは手先が器用だから、、、」と言われます。 でもですね。そんなことは無く、私は子供の頃から手先が寧ろ不器用な人なんです。笑 今だに忘れられないエピソードが2つありまして。 子供の頃に母から電球の交換を頼まれたことがありましたが、10分やっても出来ないくらい不器用だったんです。電球の