検索

自分の美意識に気づくとは?


ヘアスタイルは、人の手によって造られます。

だからこそ、造った人それぞれの個性が現れさまざまなデザインがあります。

そこで「自分の美意識」が大切になってきます。



例えば、何かを見て自分の心が惹かれるもの

かっこいいと思う

かわいいと思う

美しいと思う

など、、、は心からの信号だと私は思うんです。

対象となるものはなんでも良いのですが、ここではヘアを取り上げてみましょう。



まずヘアとは何でしょうか?

私の認識ではヘアとはであり質感でありでもありうねりでもあり動きなんです。

分かりやすく例えれば彫刻家のような仕事なんです。

ですから、自分が惹かれる形には必ず何かがあり、それが自分の美意識と繋がっているわけです。それは心からの信号だと私は思うんです。




では、どうやってそれを見つけていくのか?

その自分の惹かれるものやことの意図をたぐり寄せるようにしながら自分にたぐりよせ続けていくんです。そうやっていくと必ず「自分はこういう形が好きかもしれない?」もしくは「かっこいい・かわいい・美しい」といった、とても感覚的ではありますが自分の思う“美意識”に到達します。必ず到達します!



それがいつの日か自分らしさに変わっていきます。ここで言いたいのは、誰かの心の信号ではなく自分の心の信号が大切なんです。その信号は自分が感じる「好き・美しい・かっこいい・かわいい」と感じる事!



自分の感覚に素直になってください。

そして、その感覚を信じてください。

自分にとって簡単に 「わかる」や「腑に落ちる」ってことが本当の事なんです。

難しい=賢い・素晴らしいって訳ではないんですよ。



今までは何となく分かりずらいことや難しいことがイコール “価値がある”ように思われてきましたが、分かっている人はより簡単に伝え、話をするんですね。難しいことなんてないんです。


自分に素直になって“自分の好き”を集めて見ましょう!



TETSU



TETSU塾では撮影に特化したヘア講座として主に技術を中心に配信しております。


“hair TETSU”は、ヘアスタイリストという名の社会の中の一側面です。ヘアのみにフォーカスするのではなく“人が生きる”上での根本的な意味・役割など色々なことをお伝えできればと思っております。

仕事を続けていく中では、さまざまな壁にぶち当たる時があるでしょう。そんな時、ふと思い出して頂ければと思います。






◎TETSU ポートフォリオ▶︎▶︎


TETSU instagram▶︎▶︎


TETSU塾instagram▶︎▶︎


Podcast▶︎▶︎


◎You Tube▶︎▶︎



最新記事

すべて表示

ヘアスタイリングをやる上で器用・不器用なんて関係ないんです

今日は、器用・武器用についてお話しします。 この仕事をしていると「やっぱりヘアさんは手先が器用なんですね」とか「ヘアさんは手先が器用だから、、、」と言われます。 でもですね。そんなことは無く、私は子供の頃から手先が寧ろ不器用な人なんです。笑 今だに忘れられないエピソードが2つありまして。 子供の頃に母から電球の交換を頼まれたことがありましたが、10分やっても出来ないくらい不器用だったんです。電球の