検索

髪を触るとき、指先に伝わる感覚を意識してみよう

今日は、沢山の髪を触ることの大切さについてお話します。



人には、さまざまな髪質がありますよね。



日本人、外国人、問わず髪質は一人一人違いますが。。。今回、あまり細分化してしまうと混乱しますので、ここでは大きく分けて東洋人・西洋人の髪質の違いについて分けてみましょう。



一般的な特徴として

東洋人はハリ・コシ

西洋人は猫っ毛で柔らかい

ですよね。


では、髪質はどうでしょうか?

東洋人は太く真っ直ぐ

西洋人は細くくせ毛

とか、、、が感じられると思います。



ここで意識して欲しいのは“髪は一つの素材”ということです。


ですから、

自分の指先の感覚で髪という“さまざまな個性のある素材”を扱うということですね。



ここでは、髪という素材に焦点を当てていますので他の話はしませんね、、、


とにかく沢山の髪質があります。なので、髪を触った感覚を意識することで、この髪質ならこうなりやすいな、、とか。この髪質ならこうなりやすいからベースをしっかりやっとこう、、とか。プロダクトはこれを使うのがベストだな、、とか。沢山の髪に触れれば触れるほど分かってくるんですね。



それは、感覚の世界になってしまうんですが、

それを自分なりに感じることが最も大切な事

だと私は思います。

そして、それは自分の感覚として確立していくわけです。



急ぐことは、まったくありません!

1つ1つやっていけばいいんです。



とにかく髪に触れて指先で感じることを意識的にやってみてみて下さい。

無意識ではなく“意識的”に。その指先の感覚は必ず嘘はつきません。



沢山の髪に触れましょう!

必ず答えは得られます。



TETSU



TETSU塾では撮影に特化したヘア講座として主に技術を中心に配信しております。


“hair TETSU”は、ヘアスタイリストという名の社会の中の一側面です。ヘアのみにフォーカスするのではなく“人が生きる”上での根本的な意味・役割など色々なことをお伝えできればと思っております。

仕事を続けていく中では、さまざまな壁にぶち当たる時があるでしょう。そんな時、ふと思い出して頂ければと思います。



Podcastでもお聞きになれます▶︎▶︎




◎TETSU ポートフォリオ▶︎▶︎


TETSU instagram▶︎▶︎


TETSU塾instagram▶︎▶︎


Podcast▶︎▶︎


◎You Tube▶︎▶︎

最新記事

すべて表示

自分の美意識に気づくとは?

ヘアスタイルは、人の手によって造られます。 だからこそ、造った人それぞれの個性が現れさまざまなデザインがあります。 そこで「自分の美意識」が大切になってきます。 例えば、何かを見て自分の心が惹かれるもの かっこいいと思う かわいいと思う 美しいと思う など、、、は心からの信号だと私は思うんです。 対象となるものはなんでも良いのですが、ここではヘアを取り上げてみましょう。 まずヘアとは何でしょうか?

ヘアスタイリングをやる上で器用・不器用なんて関係ないんです

今日は、器用・武器用についてお話しします。 この仕事をしていると「やっぱりヘアさんは手先が器用なんですね」とか「ヘアさんは手先が器用だから、、、」と言われます。 でもですね。そんなことは無く、私は子供の頃から手先が寧ろ不器用な人なんです。笑 今だに忘れられないエピソードが2つありまして。 子供の頃に母から電球の交換を頼まれたことがありましたが、10分やっても出来ないくらい不器用だったんです。電球の