​ヘアゴム

​※クリックすると拡大表示されます

 サンプル映像

Q & A 1

例えば、毛量が多くロングでハイポニーテイルをした際に時間が経つにつれて崩れてきたことはないでしょか?

この縛り方で毛量が多くロングの方でも崩れることなく安定したハイポニーテイルも可能となります。又、ヘアアレンジの土台として活用することもできます。

ここでは、ゴムとゴムの繋ぎ方も紹介しております。

​もし、ゴムが途中で足りなくなってしまった場合でもそこから繋げば最初からやり直すことなく作業ができます。

No.29ゴムの縛り方2  高い位置のポニーテイル 

Q & A 2

例えば、撮影でストレートヘアのとき、撮影中モデルさんが動いているうちに髪がみだれて何度も直しに入らない時行けないという時はないでしょうか?

後頭部をタイトに抑えとけば、撮影中何度も直しに入らなくてすみます。

No.50 スタイリッシュなストレートヘア「後頭部を       タイトに抑えるゴムの使い方テクニック」

問い合わせ_hair_定期視聴_映像.png
問い合わせ_hair_定期視聴登録.png
IMG_3456_edited.jpg

HAIR 講座

TETSU氏から直接学べるHAIR講座もあります。